<   2011年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧


つもり違い10ヵ条

最近、洋楽にハマっています。

特に一押しはブラック・アイド・ピーズの「I gotta feeling」です。

ノリがよくてつい踊ってしまいます。

皆さん、こんばんは。本日のゲリラ豪雨により、またしても靴が水没してしまった後藤です。

本日は「つもり違い10ヵ条」というものをご紹介します。

お寺や職場に貼られていたりするので、見たことある人も多いのではないでしょうか。元は、信州・元善光寺の先代住職の言葉だそうです。


1、高いつもりで低いのが教養

2、低いつもりで高いのが気位

3、深いつもりで浅いのが知識

4、浅いつもりで深いのが欲望

5、厚いつもりで薄いのが人情

6、薄いつもりで厚いのが面の皮

7、強いつもりで弱いのが根性

8、弱いつもりで強いのが自我

9、多いつもりで少ないのが分別

10、少ないつもりで多いのが無駄


なるほど・・・
と感心すると同時に、ギクッときてしましました。
自分自身を振り返ってみると、かなりの項目に当てはまってしまうのでは・・・笑
ちょっとした「つもり違い」でも積もり積もって大きな勘違いになってしまう危険もあります。
そうならないよう、たまには謙虚な気持ちで「つもり違い」になっていないか、自分自身を客観的に振り返ってみたほうが良いのかもしれません。
[PR]

by f-table | 2011-06-30 22:42 | スタッフ日記

夏野菜☆

最近、蚊が多くなってきました。
さされにくい私ですが今年は蚊に狙われているようです・・・。

日曜日に高尾のグランドで練習をしている時にブヨに刺されたチームメイトが続出。笑)まだ私は蚊で良かったです。

さて最近小学校にお迎えに行くとたくさんの植木鉢がずらっと並んでいます。
今、一人一つずつ野菜を作っているようです!

ピーマン・ししとう・トマト・ナス・とうがらし・枝豆・パプリカ☆

どれも実をつけてきていて、立派に育っていました。中でもトマトは時間がかかるらしく、まだ青かったです!

驚いたのはこんなに多くの種類の中から好きなものを選べるということ!!
私が育てた時はみんな同じ トマト、枝豆でした(笑)

とうがらしやパプリカまでもあるなんて羨ましく思いました!みんなのピカピカの野菜を見て私も育てたい!という気持ちが大きくなり100均で植木鉢を探しに行きました。


いいのがなかったです(笑)

そこで見つけたのがペットボトルのおまけで付いていた「ペットボトルのキャップで育てるキット」

これだ!!と思いさっそく購入☆家に帰りキャップでつくり太陽が当たりそうな外に置いておきました☆ワクワク☆




・・・・


次の日突風が吹いて、私の夢は風と共にいなくなってしまいました。。。


リベンジします!!!
[PR]

by f-table | 2011-06-29 21:34 | スタッフ日記

日帰りデイキャンプ

夏休み突入まで少し・・・

今日は夏休みイベントの日帰りキャンプを紹介したいと思います。


夏のキャンプ第一弾!!
日帰りデイキャンプ☆

森に囲まれた自然の中に、綺麗な川。
まさに大自然の遊び場です。
そんな大自然の中で、1日遊びつくすのがデイキャンプ!



デイキャンプってなにするの?とよく子ども達にも聞かれるので・・・

デイキャンプでは川遊びはもちろん、スイカわり、バーベキューで一日満喫します!!

去年、川魚を捕まえようと何度もチャレンジしましたが、魚の早さに子ども達もビックリ!
魚に無念の負け・・・

今年は大きな網を準備してリベンジしたいと思います。



デイキャンプまであと数週間。


今日の日差しを考えると、とてつもない暑さが予想できます。
私は日焼け止めが必需品ですが、川に入ったら意味ないでしょうか・・・

子ども達はそんな日焼けを気にせずに思いっきり遊びつくすぞ!と話をしていました。


ぜひ、ディキャンプ行ってみませんか?


次回はサマーキャンプについてお話したいと思います
[PR]

by f-table | 2011-06-28 23:58

青いザリガニ


青いザリガニを巡る昔話もいよいよ佳境。
前回のブログからになりますので、よろしければそちらからどうぞ。

さて、辿り着いた青いザリガニの出所はどうやら祖父の友人。
どうすれば赤いアメリカザリガニが、ブルーになるのか?
何度聞いても教えてもらえませんでした。

小学6年生
そんな中で迎えた小学生最後の夏。
悩める私に大きく力を貸してくれたのが「インターネット」
瞬時に何でも調べてくれる検索力は衝撃でした。
今でこそ「青」「ザリガニ」で検索すればすぐにヒットするのですが、
当時はHPも絶対数も少なく、検索作業は難航しましたが
どうやら青いザリガニは特定に餌を与えることで育成できるとのこと。
最後の自由研究は「青いザリガニの育成」。

与える餌はサバとジャガイモに決めました。
半信半疑の中で始まった研究はサッカーやら何やらで結局、母親が
ブツブツ文句を言いながら餌を与え続けてくれました(笑)

捕まえてきた赤いアメリカザリガニは脱皮を繰り返すうちに
だんだん変色。夏が終わるころには真っ青になっておりました。
祖父が持ってきた青いザリガニを目撃した日から5年。
自ら見つけ出すことは叶わず、育成することになってしましましたが
綺麗な青のザリガニを目にすると感慨深いものがありました。

この年、我が家で育成された青いザリガニ達は川に放たれ
暫くの間、青いザリガニが出る珍しい川として有名になり
私の「青いザリガニの作り方の研究」は見事に表彰されました。
まぁ、ほとんどは母親が綺麗に付けていたノートと移しただけなのですが。


こうして青いザリガニ物語は餌をサバ(生)とジャガイモに絞り
育成することで終了を迎えましたが、振り返ってみれば
たぶん、祖父が残して大きな置き土産だったと思います。
1年生の時に亡くなった祖父のことは恐らく
妹も弟もほとんど覚えていませんし、亡くなって数年後には
祖母との会話にも出てこなくなるものだったはずですが・・・

青いザリガニの謎を残してくれておかげで
毎年、私は祖母に「おじーちゃんは何してた?何か言ってなかった?」
と熱心に聴き、祖父の部屋をよくあさっていました。

記憶から薄れ行くはずだった祖父を今でもよく覚えているのは
あの謎の青いザリガニのおかげだと思います。

冒頭の「幸せの青い鳥」ではありませんが
青いザリガニのおかげで身近な家族の大切さに触れることが
出来たように思えます。

さてお気づきの人もいるかもしれませんが
先々週のイベントが「ザリガニ取り」
先週のイベントが「ジャガイモ掘り」


そうなんです。青いザリガニ育成に必要な条件が見事に揃っています。
夏休みの自由研究にお困りの方は是非、捕まえた小さなザリガニに
ジャガイモだけ与えてあげて下さい。
きっと綺麗な青になると思います。

最後になりますが、青いザリガニがいたら好きなもの
買ってくれるという約束をした父親には
Play stationを買ってとお願い。
渋々ながら父が買ってきたのはPay stationという
よく分からない銀行のボードゲームでした。

さらにサッカーで勝てば全国大会という
夏の大きな大会の決勝戦の後半ロスタイム間近、PKまで
持っていけば勝ちだといわれた状況のコーナーキックで
私がまさかのキャッチミスでポロリ。
(当時のチームのPK勝率は100%でした)

1-0で全国大会を逃し、とんでもないミスをした私に
監督はかつてない怒りでいいました。

「ザリガニなんぞにうつつを抜かしているからだ!!お前
の手はハサミなのか!!このザリガニハンドが!!!」と怒られてしまい。
暫くの間、ザリガニハンドと呼ばれていました。
以来、我がチームではキャッチの出来ないGKを今でも
ザリガニハンドと呼んでいるそうです。

これで全国まで行っていれば
青いザリガニの物語は綺麗に締めくくれたのになぁ。


Stay hungry.
Stay foolish.
[PR]

by f-table | 2011-06-27 23:08

幸せの青いザリガニ

私の好きな物語のひとつが
「幸せの青い鳥」
2人兄妹のチルチルとミチルが、夢の中で過去や未来の国に幸福の象徴である青い鳥を探しに行くが、結局のところそれは自分達に最も手近なところにある、鳥籠の中にあったという物語。

その昔、見つけたら願いが叶う幸せの青い鳥ならぬ青いザリガニがいると
祖父から聞かされ虫取り網を片手に川を這いずり回りました。
一夏探しても見つからず、青いザリガニなんかいるわけがないと憤慨する私に
忘れられぬドヤ顔で真っ青なザリガニを持って帰ってきた祖父。
カミナリに打たれたような衝撃だったことを今でも覚えています。
平成3年、小学1年生でした。

何を聞いても教えてくれず、青いザリガニについての全ての情報を
何一つ伝えてくれぬまま、祖父はその年、帰らぬ人となりました。
次の夏は一緒に探しに行ってくれるという私との約束を破って。


小学2年生になった夏。
祖父のいない一人の青いザリガニ探しの始まりでした。
夏休みの宿題もサッカーの練習も片手間に大捜索。
あぜ道、田んぼ、沼に池、川に海、果てはドブに下水道。
探せど探せど見つからず、夏休みの絵日記は25日分すべてが
ザリガニを探したの一言。本当のことなのに担任の先生にこっぴどく
怒られてしまいました。


小学3年生。
少し賢くなった私は水族館とペットショップを巡る旅へと出かけます。
県外に行く友人がいれば、びっくりマンのシールをあげるから青いザリガニを
ついて調べてきてと頼み込み、サッカーなどの習い事で遠征に行けば近くの川を
探しました。
見つかったのは白いザリガニのみ、何の罪もない白いザリガニ様に
「なんで青じゃないんだ!!」とまくしたて、川にポイ。
後で調べて分かったことなのですが、この白いザリガニはアメリカザリガニ(よくいる赤)に
住む場所を奪われて、希少価値の非常に高いニホンザリガニでした。
2年目も惨敗でした。


小学4年生
もしやあの青いザリガニは祖父の手作りだったのでは・・・
そんな思いを抱きこの夏からはザリガニを育成。といっても
捕まえたザリガニをあの手、この手で青色に着色。
ある時はスプレーで、ある時は絵の具で、ある時は油性マジックで
何度繰り返してもザリガニはあの思い出の青色にはなりませんでした。
毎年の繰り返されるザリガニ祭りの助手は祖母。何やら嬉しそうに
手伝ってくれていたような気がします。
青いザリガニを探す旅3年目は玄関先に不気味な色のザリガニ
多数残して惨敗。

小学5年生
受験などと無縁な田舎の私はサッカー漬けの毎日。
ザリガニを探しに行く時間は無くなり、走り続ける日々でした。
私が通っていたサッカーチームは実は祖父が私の父が子どもの時に
友人と二人で作りました。なので親子で同じチームでプレーし
創始者の孫ということになります。
ある日、祖父と共にチームを作った人に挨拶へ行くと
そこには青っぽく変色したザリガニが・・・!!!
サッカーの報告もそこそこにザリガニついて聞くと
どうやら祖父はこの友人から青いザリガニを譲り受けたとの事。
夏の終わり、遂に辿り着きました。青いザリガニ足元に。

青いザリガニなんているわけないだろ!と毎年言う父に
もの凄い得意げな顔で顔で言ったと思います。
「親父!いたから!!青いザリガニいたから!」
現物を持ってきたら好きなモノを買ってやるとの言質をとってこの夏は終了。
4年目は大きな収穫と希望を残してくれました。

つづく
[PR]

by f-table | 2011-06-25 23:09 | スタッフ日記

私はメロン派です!

今日も気温30℃超えてしまいましたね。
この暑さになると体調管理も難しくなってしまいますね。

私はこの夏を乗り越えるためにはどうすれば良いんでしょうか?

良い方法を知ってる方がいれば教えてください。

こんばんは☆
夜の暑さに耐えきれずクーラーを入れてしまいそうなりましたが
節電を考え扇風機に控えた佐藤です!



子どもたちは暑さにも負けず外で元気にプログラムを真剣に取り組んでいるので汗だくだく

活動中はもちろん、家でも汗をかくと思うので水分補給は家でもしっかりとして熱中症に
ならないように気をつけていきたいですね!

さて、今日は暑い日が続く中少し早いですが、かき氷についてお話ししたいと思います。
かき氷のシロップと言えばいちご、ブルーハワイ、メロン、レモンですが皆さんは
何味をかけて食べますか?


幼い頃はシロップが舌に色づいて舌が青くなったのを楽しんでいました。
かき氷は夏祭りの出店で食べる事が多くお金を握りしめてよく買いに行ったものです。
今では誰でも食べることができるかき氷ですが、平安時代は貴族や一部のお金持ちしか
食べれなかった高級品だったそうです。


今年の夏はクーラーをつける前にかき氷を食べ、体を中から冷やして
節電してみてはいかがでしょうか。

でも食べ過ぎると頭がキーンとするのでほどほどにしたいものです。





~私の好きなことば~
七転び八起き
康幸
[PR]

by f-table | 2011-06-24 23:48

最近の出来事

暑い・・・。

いやぁー、暑い・・・。

みなさん、こんばんは。暑さにはとても弱い後藤です。

そう、暑さに弱い僕は昨日一睡もできなかったんです。今年こそは、扇風機を買います。うちわは卒業します。(笑)

最近、地元の秋田の友人と電話をしています。秋田はこれから梅雨入りだそうです。秋田はまだ夏が遠いようです。

その友人から聞きました。最近、クラス会をやったそうです。地元が遠いと何かと寂しい事に気付きました。今年の年末は秋田に帰ろうと思います。

クラス会の話を聞いたのですが、仕事の話が多かったそうです。中には、宮城県沖地震の影響で二ヶ月間も仕事がお休みだった人もいたようで、地震の影響は今も深刻なようです。

製造業が多い地域なので、今後も何かと大変みたいです。

遊びの話にもなりました。秋田では、ドライブが主流のようです。

あとは、夕方から朝までとにかく酒を飲んでいるそうです。平気でボトルを7〜8本は空けるんだとか。σ(^_^;)

僕にはついていけません。(笑)

くだらない話ばかりでしたが、やっぱり落ち着きますネ。自然と方言が出てしまいます。

きっと何を言っているのか分からないことでしょう。(笑)



次回は秋田の方言をご紹介致します。

分かったら、凄いですよぉー。

それまでに、僕も方言を思い出しておかないとっ。(>_<)
[PR]

by f-table | 2011-06-23 23:53 | スタッフ日記

おいしい名古屋

本日の気温32℃

埼玉県では35℃

群馬県ではなんと・・・36.5℃。今年一番の暑さでした!

そして今年は「節電の夏!」。色々な所で色んな工夫をして暑さ対策をしています!!私も自分で何か良い暑さ対策を考えようと思います!!

さて、今日は18日19日に遠征で訪れた名古屋について学んだ事情報。

その1
~名古屋城に入れなかったら、警備員さんにベストスポットを聞く~

夜行バスで出発し、6:00到着。チーム集合は10:00。早すぎる到着だったので、チームメイトとレンタカーで「金のシャチホコ」(名古屋城)に行きました!さすがの名古屋城も早すぎたようで、中に入れず、私たちは名古屋城の門を拝んできました(笑)しかし「金のシャチホコ」が見たくて警備員さんに聞いたベストスポットで撮影。かろうじてシャチホコが確認できました。

その2
~名古屋流手羽先の食べ方の習得時間は個人差がある~

名古屋といったら手羽先です!夕飯に有名手羽先店に行きました。ここで名古屋在中のチームメイトから手羽先の食べ方を教わりました。(手羽先を縦に持ち、先っぽをポキッと折る※ここが重要→下のほうを両手で持ち9割くらいを口に入れて上に引っ張る)成功すると綺麗に2本の骨だけが残ります。
できる人はできるこの食べ方。私は8割が失敗に終わりました。

その3
~ひつまぶしの人気は壮絶!時間がなかったら味噌カツに~

2日目のお昼に「ひつまぶし」を食べよう!と名古屋駅に移動しました。時間は14:45。
「この時間だから空いてるよね!」と余裕で向かった先にはお店の前に長蛇の列!今15時前だよね?と再確認する私。帰りのバスの時間もあったので、今回は「味噌カツ」に変更しました。味噌カツ・・・本当においしかったです。大正解でした☆

しかしひつまぶしの人たち。。あれはいったい何ご飯だったんだろう・・・


ほぼ試合だったのでかなり弾丸でしたが、おいしい名古屋に大満足でした。
帰りはバスの快適度の高さに感動しながら名古屋を去りました。また行きたいな。ひつまぶし。


今日の言葉
~ひつまぶし~

杉本美歩
[PR]

by f-table | 2011-06-22 23:17 | スタッフ日記

暑さ到来

今日を一言…

「暑い!」

先週までの雨とは違い、晴れの日が続いております。
明日の気温を調べてみたら予想気温は30℃とのこと。
6月でこの気温…
8月の夏はいったいどれほど暑くなるのか恐ろしくなってしまいます。


ちなみに、パソコンで気温を調べたら一緒に面白い指数がありました。

洗濯指数:90(バスタオルでも十分乾きそう)
アイスクリーム指数:80(シロップかけたかき氷がおすすめ)
汗かき指数:歩くとジワジワ汗がにじみます。
星空指数:30(じっくり待てば星空見える。)

アイスクリーム指数をみても分かるように、やはり明日は暑いようです。



そんな暑い先週の日曜日、伊藤が所属しているテニスチームの練習がありました。
練習時間13時~18時と5時間の長丁場。
ほんの少しウォーミングアップをしただけなのに汗だくになりました。

「あ~、着替えをたくさん持ってくればよかった」と後悔しながらもコートを走り続けました。

案の定、練習が終わった後の水色のTシャツは汗で青くなっていました(笑)
来週は着替えを3枚は持っていこう…と心に誓いました。
そんな伊藤の週末。


最近のフューチャーでも、サッカーや野球の練習後には頑張ってきた証に大量の汗をかいて帰ってくる子ども達もちらほら見かけます。
夏を迎えますが、スポーツプログラムを受講している子ども達は着替えが必需品になるかもしれませんね!

さて、今週土曜日はジャガイモ堀り☆
こちらも気合を入れてジャガイモを掘って、いい汗をかきながら大きいジャガイモをゲットしましょう!
[PR]

by f-table | 2011-06-21 00:54

5年後の楽しみ!!

今日も雨が降ったり止んだりとはっきりしない天気。
プールに入れないと子ども達も嘆いていました。そんな時こそ、てるてる坊主!早速明日のために自宅で1つてるてる坊主を作った笹野です。


昨日は母校の吹奏楽部の第25回定期演奏会に行ってきました。

なんと私が高校2年生の時に中学1年生で入った後輩が今年引退。
早いなぁと演奏を聞いていると、その後輩がソロを吹き始めたのです。


入った当初は音も出ないし音符も読めなくて、毎日どうしようと悩まされていたのに…
と色々思い出してきてしまい感極まって号泣。
隣では同期の子があの頃はもっと頑張ってたなぁと思い出したらしく号泣していました(笑)


演奏後、四半世紀を向かえたのと今年定年退職された顧問先生のお祝いを含めた祝賀会にも参加してきました。
そこには先生方やコーチの方、歴代の先輩方、同期や後輩など懐かしの面々が大集合。
こんなに集まると思っていなかったし、吹奏楽部の第1回生から全ての代が集まり、部活愛というか絆を感じました。


会が始まると結婚された方やお子様が生まれた方、内定が決まったなど幸せ話いっぱい♪

するとコーチの方々がサプライズで愛燦々を演奏して下さいました。
コーチといったら当時神様でもあり鬼のような存在。コーチの音を目指し、いつもいつも怒鳴られながら練習していました。
久々に聞いても透き通った音は今でも健在。


こんな機会はないと慌てて録音して今日から目覚まし音に設定しちゃいました☆(笑)



次回また会が開かれるのは5年後。


私が26歳の時!
全く想像がつきません。
皆さんは5年後何をしているか想像がつきますか?
先に楽しみがあるとなんだか嬉しいですよね♪
皆に幸せトークが出来るよう頑張りたいと思います。
[PR]

by f-table | 2011-06-20 23:51
line

未来の学童保育 【future table】 の最新情報をお届けします!


by f-table
line
カレンダー