2011年 02月 15日 ( 1 )


ひとりごと

センター北店オープンに先立ちセンター北店完成の軌跡を更新しています。センター北店完成まであとわずか。工事着工から1カ月の足取りをご覧ください。



昨日から降り続いた雪もやみ、久々横浜でも雪が積もったということで、子どもたちは学校で雪合戦の時間があったみたいです…

激しい雪合戦をしたせいか、フューチャーに到着する子どもたちの中には、体操着に着替えている子どもたちも数人。
今も変わらず、短パンが短いのでそれを見るだけでまだまだ寒い…と言ってしまいます。
こんばんは、伊藤です。


寒いのが苦手な伊藤は、最近暖かい場所に行きたい…

行きたい

行きタイ(笑)


そう、最近、タイに行きたいとふと思いました。

実は、丁度1年前に友人と2人で航空チケットを片手にタイへ旅立ちました。
今日は、伊藤のひとりごとにお付き合いください。

タイへ行くことになったのは、雪もちらつく2月後半…
大学生活最後の思い出にと、友人とタイへ行くことを決意しました。

海外旅行3回目の私…

そして、今までと違いはツアーではなく、航空券の手配のみでタイに行くという学生の私にしては大冒険だったのです。

成田空港からバンコクへ

飛行機で熟睡していた私が目を覚ますとそこは異国の地(なにより暑い)
予約していたホテルまでの行き方すらあやふやな私たちに手を差し伸べてくれたのは、空港にいた日本人。
英語が堪能な彼らにタクシー乗り場まで連れていってもらい、運転手さんにも話をしてくれた。(英語の必要性を改めて感じる)

タイでの移動手段は、電車、バス、タクシー…あとはトゥクトゥクだった。
困っている私たちに現地の人達は温かく話しかけてくれた(話が通じたのかは別だが…)
バンコクで買い物をしていても、遺跡をみにいっても、そこには現地の温かい人たちが私たちを迎えてくれた。

なんていい人達がいる国なんだ。
微笑みの国タイとは、まさにこのことなんだ!と友人とホテルで語り合いました。

しかし!
そんな心を許した4日目。

ゾウに乗ろうと、係の人に料金を聞いたところ、
日本人というだけで、明らかに高い料金を提示された。
「料金表に乗っている値段と違うのでは?」と聞いた私たちに対し、「その情報を古い」と言われ
しぶしぶ料金を払い、ゾウに乗った。(日本で最新版のるるぶを買っていったのに)
後に、周りにいた日本人観光客に料金の話をしたところ、やはり正規の料金以上とられていた。

ただ、残念だったという気持ちも半分、自分のコミュニケーションがうまく出来ていたらもっと話し合えたのにと、悔しい気持ちにもなった。そんなことも経験のうちだったのだろうか。




タイ旅行では、たくさんの人と知り合えたり、親切にしてもらえました。
気温も暖かければ、人も温かい国。
それがタイでした。いつかまた行きたい。



日本語でも、英語でもタイ語でも。世界のどの国の誰とでも話せるというのは、世界が広がります。
いつか世界中の人と話せる英語力を!!これが伊藤の目標です☆

行く予定はまだありませんが、今日の帰り道“るるぶタイ2011”をついつい買ってしまいました。
[PR]

by f-table | 2011-02-15 23:52 | Comments(0)
line

未来の学童保育 【future table】 の最新情報をお届けします!


by f-table
line
カレンダー