☆歴史すごろく~室町編~☆


センター北店オープンに先立ちセンター北店完成の軌跡を更新しています。センター北店完成まであとわずか。工事着工から1カ月の足取りをご覧ください。




雪の中にふと咲いていた梅の花
2月ももうすぐ中盤、桜の季節のまであと少し。
この時期は入試の季節。小学校受験、中学校受験、高校受験に大学受験。
高校の受験には見事に失敗、大学の受験は英語と現代国語の二ヶ国語受験と
センター試験の日本史の点を使って奇跡的に合格。些細な自慢は母校で初の立命館合格者
だったこと(笑)。あまり高校生の時の教師の方々とは折り合いが良い方では無かったのですが
気にかけてくれていた英語の先生がどこから手に入れたのか、合格発表の日の朝一番に
携帯電話にメールを入れてくれました。

「冬ノオワリニ桜咲ク」

折れた携帯電話と共に失われた恩師からのメールが少し恋しい季節になりました。
いつか私も誰かの心の恩師になれるでしょうか、気がつけば多くの人たちに支えれて
きた幸せ者です、どうも道上です。


一月に一回だけの歴史の先生。
どこの教師よりも分かりやすい歴史の授業でありたいと願ったここ数ヶ月。
日本の歴史も気がつけば折り返し地点まで到達。


歴史すごろく本日の戦の舞台は室町時代。
正確には鎌倉幕府から政権を奪取した後醍醐天皇と足利尊氏の対立があり
南北朝の時代を挟みますが概ねまとめて「室町時代」

200年ぶりに天皇中心の政治を行った後醍醐天皇でしたが、あまりに
公家(貴族)に有利な政治を行ったものだからさぁ大変・・・・
(思えば源氏と平家の争い辺りからただの担がれるだけの天皇家、万感の思いで
執政に当たったのでしょう)

気持ちは非常に分かるにですが、それを許さないのが民と武士。
働けど戦えど潤うのは公家ばかり。困った皆は足利尊氏の旦那様にご相談。
鎌倉幕府を裏切り天皇方に付いた足利尊氏さんは民の思いに答えるべき
かつての友・後醍醐天皇を裏切り自分達の幕府を設立。

ここに吉野の里を北と南に分けて国が誕生。
そのまま時は流れて3代目の足利義満くん。
喧嘩はもうやめましょうよ♪と上手に交渉。そのまま統一した幕府の指揮を取り
気が付いたら重役達は足利一族。なんたるやり手!!

ここに晴れて室町幕府の誕生。l
足利一族の中でもキレキレの義満君は中国とも仲良く貿易を開始。
一気に文化が花開きます。京都北山を中心に花咲いた文化は
そのままの名で北山文化(笑)

なんといって代表は「金閣寺」
予断ですが雪の降る金閣寺は私の人生の中で一番荘厳であり
最高に美しいお寺でした。

そんなキレキレ義満くんが亡き後は少しずつ衰えていく室町幕府。
金でピカピカが大好きな北山文化は一気に冷え込み、台頭したのは
「わび」と「さび」を愛する質素な東山文化。その名の示すとおり京都
東山を中心に広まったからです。

なんたって代表が誰もが一度は「銀じゃ無い!!」っと
ツッコミを入れるお寺「銀閣寺」
こちらは紅葉の季節が最高です。予断ですが「清水寺」は桜の
シーズンが最高ですよ。

冷え込む室町幕府に一気に襲い掛かったのが「一揆」
一気に一揆です、えぇ分かっています。。面白くないです。
でもどうしても書きたかったんです。子供たちにもあまりウケませんでした(泣)

そんな荒れた中で台頭してきたのが各地の守護(警察みたいな機関)
いつの間にやら私設軍団を作りあげて大名に!!!!
そんな中で争いを好み、各地で戦いが起き、部下は無能な上司を討つという
一大ムーブメント!!!!これが「下克上」

気が付けば幕府は事実上の崩壊、各地に戦国大名なる喧嘩好きが出現。
世はいよいよ、男のロマン戦国時代へと入っていきます。

なんて感じの授業が本日でした。
最後まで読んだアナタは立派な室町マスター。
どこかでう役に立ってもらえたら幸いです(笑)

なんだかんで子ども達のお楽しみはすごろくバトル。
そして最大の盛り上がりの場は室町時代の有名人

「一休さん」


・・・・・・やっぱり知ってる人が出てくると俄然盛り上るようでした。
そして600年前に書かれて今でも子ども達が知っている本が

「御伽草子」

さるかに合戦、浦島太郎、一寸法師、カチカチ山などの短編が収録。
今の現代っ子でも知っています。


600年前の人たちとも共通の話題がある。
ロマン溢れる話です。

授業をしながら少し歴史の深みに触れた一日でした。
しかし600年前の人たちが浦島太郎が3D放送されてるって
知ったら驚くんだろうなぁ。


Stay hungry.
Stay foolish
[PR]

by f-table | 2011-02-12 11:17 | スタッフ日記
line

未来の学童保育 【future table】 の最新情報をお届けします!


by f-table
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31