アレはいけない、コレはいけない・・・

『打撃というのは“これでいい”という形がない』
イチロー選手の言葉です。

先日、久々にバッティングセンターに行ってイチロー選手の真似をして調子に乗って振り子打法。右足を上げてから、つま先やかかと、極端に内股にして打ってみました。

ここまで内股にすると後ろ(キャッチャー側)に傾いてしまい、バットが下から出て打ち上げるような感覚で、ボールの下を空振りばかり。

両膝が付くほど内股で打とうとすると、イチロー選手のようにスウェーしないと打てませんでした。

私の打撃技術がないのでイチロー選手のように打てないのは当然ですが、今まで指導されてきたフォームと真逆なので理解できない点が多々あります。

200円で25球しかないバッティングセンターの投球を5球程見送ってまで理解しようとしましたが、前楽天監督の野村さんもイチローと落合(現中日監督)と王さんの打撃は真似をしてはいけない(特別すぎて)と言っていたので、考えるのをやめました。

ただ、真似をすることによってココがこうなるとココに移動しやすくなって、ココに移動してしまうとココが動かなくなって・・・なるほどなるほど・・・理解はできなくても実際に動くことで気付くことはありました。


バッティングマシンの球を打ってはいけない。

トスバッティングは悪い癖が付くからしてはいけない。

遠投はしないほうがいい。

アレはいけない、コレはいけない・・・
自分の過去の経験を子ども達に伝える言葉なのでしょうが、それが全ての人に当てはまる訳ではないのかもしれません。

スポーツの練習方法においては『~してはいけない』と、はじめから否定で入る言葉より、まずはやってみて自分で気付く事が大事なように思います。

「やってごらん。どう思う?」

その結果から子ども達にとって何が正解で、何が間違ってるのか、私も子ども達と一緒に考えて行きたいと思います。

ただ、イチロー選手の言葉を借りれば打撃には正解が無い以上、何が間違っているのかも分からないことになりますが・・・。

やはり野球は難しい・・・
[PR]

by f-table | 2010-10-07 21:55 | スタッフ日記
line

未来の学童保育 【future table】 の最新情報をお届けします!


by f-table
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31