<   2010年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧


黄金週間

はじめまして。

新入社員の杉本 美歩です。
本日ブログ初投稿です!

昨日から黄金週間が始まりました。皆様はいかがお過ごしでしょうか?

フューチャーでは盛りだくさんのイベントで盛り上がっております。

昨日のアスレチックに引き続き、、本日は中川にて相撲大会が行われました。
新一年生も交え、男女混合で大激闘が繰り広げられました!

結果は・・・女子強し。です。

新一年生ながらも果敢に立ち向かう姿や、

勝負に負け、涙する子も。
スポーツの世界では悔し涙もその子にとって、もの凄いパワーになります。悔し涙を流した分、強くなっていくことと思います。次回の相撲大会が楽しみです。


フューチャーでは子供たちのパワーを日々感じております。
その素晴らしいパワーで子供たちが成長していけるよう、全力でサポートしていきたいと思っております。



これからもイベントが盛りだくさんです!ぜひご参加ください!

では、素晴らしいゴールデンウィークをお過ごしください。

今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]

by f-table | 2010-04-30 20:21 | スタッフ日記 | Comments(0)

壁を越える




蟻地獄という名のアスレチック
(名の通り地面に深い穴が掘って合って下に落ちると上がるのが大変なアスレチック)
にて大落下。右足に何とも懐かしい巨大なスリ傷。
これは今夜のお風呂はかなりの苦行になりそうだ。
どうも道上です。


傷つき土まみれになった本日のイベントはつくし野アスレチック。
何でも何十年も前から変わらず子ども達の前に君臨しているとか・・・

前日からの雨が心配でしたが、何とかの晴れ。
無事にアスレチックで遊ぶことが出来ました。


看板の表記を見てみると何でも全部で50個のアスレチックだとか。
されは是非、全部制覇せねばとかけ足ぎみでスタート。

安全確保の為にも、運動が得意な子、苦手な子のチームに振り分けての開始。
最初のステージはスベリ台や簡単な遊具の連続。ここは終始、巨大なアスレチックにまだ挑戦出来ない一年生の遊び場と化していました。2年生以上は楽々クリア♪


人気のポイントは第二ステージ。
そう下が水場、というよりも池。落ちたらズブ濡れ確定の恐怖のステージ。
前回までの教訓をいかして着替えを完備してきたFT軍団は水に落ちることを楽しみという
まさに逆転の発展。ずぶ濡れになりながらも完全制覇。
もはや水など恐れるに足りず!!


第三ステージは凶暴な高さと不安定なロープのオンパレード。
まさに縄と丸太の凶暴なコンビネーション。昨年は安全重視のためにチャレンジを阻止された子ども達も一年の時を経て、再チャレンジ。見事に逞しくなった体と心で制覇してくれました。
壁を一つ越えた瞬間でしょう。


絶対に無理だ去年泣いていた子でも今年になれば笑顔で制覇。
案外、「壁」なんてそんなものなのかもしれません。越えてみると
「あっ意外と楽だったな」っと。

これからもそんな瞬間をたくさん経験してくれるいいなぁ。


Stay hungry.
Stay foolish.
[PR]

by f-table | 2010-04-29 19:05 | スタッフ日記 | Comments(0)

相撲に夢中

はじめまして。

新入社員の中村沙耶香です。
本日のブログを担当させていただきます。

今日もフューチャーテーブルでは、
子ども達が元気に過ごしました。



この間、親と電話をした際、
「小さい頃は、鬼ごっこか缶けりか相撲をいつもやっていたよ」
と聞きました。

そっか、田舎(長野)だし野山を駆け回っていたんだなと納得。

いつの時代も子ども達は、生命力に満ち溢れています。
フューチャーテーブルでは、
古き良き時代の子ども達の触れ合いも大切にしています。

昨日の恒例の相撲大会南地区予選では、
私は初めてみたので子ども達の熱気に圧倒されていました。
負けて涙する子、
上の学年の子にぶつかっていく子、
男の子も女の子も関係なくみんな夢中で相撲に取り組みました。

近頃の子ども達は、人と人とのつながりが希薄になっていると言われています。
とても素朴な相撲の中で、
人と触れ合う温かみ、頑張った後の清々しさを感じ取ってくれたと思います。


ちなみに私は女性ですが、相撲初段です。
「え!?女の人が取れるの?」
とおもわれると思います。

相撲部屋に入門したわけでもなく、
女相撲トーナメントで優勝したわけでもありませんが、
大学の授業にあり、国技でもあり、女性もOKだったので受講しました。

相撲の歴史、精神、作法・・・
どれも奥が深くて勉強になりました。

さてさて話は横道にそれましたが、
私は何にでも一生懸命に取り組む
フューチャーテーブルの子ども達が可愛くてたまりません。
これからも子どもと共に成長していきたいと思っています。

次回は、私の担当の水泳の話をしたいと思います。
[PR]

by f-table | 2010-04-28 20:44 | スタッフ日記 | Comments(0)

はじめまして

新入社員の伊藤麻衣子です。

働き始めて一か月が過ぎました

日々子供たちを見ていると

野球が得意な子、書道が好きな子、毎日元気にあいさつしてくれる子…

いろんな個性が見えてきました


フューチャーでは、たくさんの学校から子供たちが集まってきます。

違う学校のお友達ができるということは、人生の中でも宝物になると思います。


フューチャーに通っている子どもたちが大人になった時、

「フューチャーに行っていて本当によかった!」と言ってもらえるように

これから頑張りたいと思います。

そして、いよいよGWに突入します!!

フューチャーでもたくさんの楽しいイベントがあります!!

お時間が合えば、ぜひ参加してみてください!


思い出に残るGWにしていきましょう。


これからもよろしくお願いします。
[PR]

by f-table | 2010-04-27 20:44 | スタッフ日記 | Comments(0)

86400のPresent




「86400のPresent」




次のような銀行があると、考えてみましょう。



その銀行は、毎朝あなたの口座へ86400ドルを振り込んでくれます。



同時に、その口座の残高は毎日0になります。




つまり、86400ドルの中で、あなたがその日に使い切らなかった金額は、すべて消されてしまいます。



あなたがったらどうしますか?もちろん、毎日86400ドル全額を引き出しますよね。



私たちは一人一人が同じような銀行をもっています。



それは時間です。






毎朝、あなたに86400秒が与えられています。



毎晩、あなたが上手く使い切らなかった時間は消されてしまいます。



それは、翌日に繰り越せません。



それは、貸し出しできません。



毎日、あなたのために新しい口座が開かれます。



そして毎晩、その残りは燃やされてしまいます。



もし、あなたがその金額全てを使いきらなければ、あなたはそれを失ったことになります。



過去にさかのぼる事はできません。



あなたは毎日与えられた貯金の中から「いま」を生きないといけません。



だから、与えられた時間を最大限に投資をしましょう。



そして、そこから健康、しあわせ、成功のための最大のものを作り出しましょう。



時計の針は走り続けています。今日という日に最大限のものを作り出しましょう。




だからあなたの持っている 一瞬一瞬を大切にしましょう。



そして、あなたはその時をだれか特別な人と過ごしているのだから、十分に大切にしましょう。



その人は、あなたの時間を使うのにふさわしい人でしょうから。



そして、時はだれも待ってくれないことを覚えましょう。



昨日は、もう過ぎ去ってしまいました。



明日は、まだ分からないのです。



今日は与えられるものです。



だから、英語で「いま」をプレゼント(=Present)と言います。






なんて話を今日は英語のプログラムの時にしてみました。
結局、「present=現在」という概念を覚えてくれたかどうかは分りませんが・・・


就職活動の時に
「この世で公平なものはなにか?」
と聞かれたました。

「時間です」と答えたのは今でもベストアンサーであったと思っています。

誰にでも公平に与えられたものであるがゆえに、その大切さは失って初めて気付くものなのでしょう。


子ども達が私たち大人よりたくさん持っている「時間」という財産。

無駄にすることなく成長してもらいたいです。



英語のプログラムを密かに担当する男、道上でした。


Stay hungry.
Stay foolish.
[PR]

by f-table | 2010-04-26 21:11 | スタッフ日記 | Comments(0)

いつか夢の舞台で拍手とフラッシュに包まれて



店舗前に張り出すポスター製作が結構好きです。パワーポイントを組み合わせただけでの簡単なものなのですが・・・ITに強くなりたとい切に思う今日このごろ、春なのに上がりきらない気温に風邪気味、どうも道上です。


雨かもしれないという懸念もありましたが、朝窓から光が注がれて一安心。
僕の家はカーテンがないので晴れの日は軽快に光が注ぎ込むのですぐに分かります(笑)

今日のイベントは

「第3回フューチャー・オープン」

スナッグゴルフで開催されるFTのゴルフ大会です。
なんでも都筑区内では、マスターズに匹敵するとかしないとか・・・

第1大会、第2回大会と激戦を制して優勝した子どもの名前はFTのトロフィーとHPのFT戦いの歴史にて未来永劫語り継がれます。前大会を圧倒的な強さで制した南店からの絶対王者を中川店の子ども達が全力で追い掛ける大会になるのでは・・・とのスタッフの下馬評もありましたが、蓋を開けてみると歴戦のツワモノ達は揃って欠席、一年生と2年生がメインの珍しい戦いとなりました。これはこれでおもしろいのですが、、、

マスターズ顔負けの手に汗握る戦いはまた次の大会のときにでも語るとして、今日の大会ではスナッグゴルフの説明から遊び方を説明。そして個人戦、団体戦を行いました。

さすがに1年生はまだクラブに力負けしてフラフラしていましたが、それでも頑張って球を打つ姿は見ていて気持ちがいいです。2年生からはすっかりルールも理解していて、まずは個人戦にて大激突。2年生、3年生男の子、女の子、入り乱れての大勝負。ロングホール、ショートホール、ロングホールの3ホール制の勝負。

以外にもドライバーをかっ飛ばすのは女の子!!
大きく振りかぶってのナイスショットを見せてくれました。
男の子方が冷静に刻んで、パターを遠めからでも使うという何ともおもしろい展開。
僕は密かに「アイアン男子」と呼んでいました。大きな勝負をせずにコツコツと刻むことです。

そんな事はさておき、勝負を制したのは2年生の男の子。
初のチャンピオンに至福の笑顔を見せてくれました。勝負では3ホールに渡って安定感の高いショットを展開して卒なく優勝となりました。

続く団体戦では、一年生を上手くフォローした3年生女の子のチームが優勝。
要所要所で1年生のミスをカバーするショットが功を奏しての優勝となりました。


1年生の子どもには新しいことへチャレンジすることの大切さを学んでもらい
2年生以上には真剣勝負の刹那的な熱を感じてもらうことが出来ていたら嬉しいです。


1年生の子どもは「夢はプロのゴルフの選手なんだ!お父さんとおうちで練習する!」っと言っている子どもいました。おとつい前に確かプロ野球選手になるんだって言っていたんだけどなぁ・・・

大きな夢があるのならそれで構わないのですけれども。

いつか子ども達が溢れるような声援の中で、押し潰されぐらいの期待を背負って、輝かしいフラッシュや、けたたましい拍手の中で、弾けるような笑顔でプレーしていてくれる日をいつも想像しています。

千里の道も一歩から!!
まずは何事も都制覇「から、対戦相手待っています!!!
ゴルフでも、野球でも、サッカーでも、ドッチボールでも、カルタでも!!!!


Stay hungry.
Stay foolish.
[PR]

by f-table | 2010-04-24 17:02 | スタッフ日記 | Comments(0)

音と線

知人に頼まれて、手に入れたチケット

walking with dinosaurs

何でもすごい迫力みたいで、自分でも見てみたいと思い、チケット入手に奔走するも手に入らず。

僕は、物の価値が分からない男です。

おそらくこのブログをご覧になられている方で横浜公演を見に行かれる人もいると思います。ご覧になった暁には是非感想をお聞かせください。



さて、最近のマイブームは音と線です。FT(フューチャーテーブル)に従事して早3年、最近音と線の力に魅了されています。
僕が担当するプログラムは、基本的には現在、野球とクッキング(スタッフ事情次第ではダンスとピアノ以外代打可能)です。その野球は火、水、木曜日&野球ボランティアを行っている土、日を合わせて週5日。そして最近では新一年生の加入により言葉でイメージを伝えることが困難な状況です。
そこで、活躍しているのが音と線。

音というのは笛を吹いたり、数を数えることだけ。
線というのは入って良いエリアと駄目なエリアの境界線。

単純なようで非常に効果的なこの2つ。

特に野球ではバッティングやスローイングを3分割、5分割にすることで大事なポイントを意識することができ技術向上およびスランプ脱出に非常に効果的なのです。実際、僕も高校時代、相当練習でやりました。

2年生以上もそうですが1年生は特に殆ど野球をやったことがない児童が多いため、基礎の段階で大事なポイントを理解し、体得することは非常に効果的であり、僕の大きな「イチ」という掛け声でみんなが同じように揃うため、人数が多くても、みんなが同じ練習に集中できるのです。

笛も同じで、ウォーミングアップやCOT(コーディネーショントレーニング)などのトレーニングでは非常に有効で、みんなを同じ方向に向いてもらうのに一躍かっています。

僕の持論では小学生低学年のスポーツ技術向上は集中力がすべて。大人のわけのわからない難しい理論よりも単純明快に集中してもらった方がどうやら子どもたちにも分かりやすく、取り組みやすいようです。

前述した線もしかり

ベースの横に立ってピッチャーに足を向けてというよりも

バッターボックスを書くのが百聞は一見に如かず

すぐに理解してくれます。

危ないからバットを振っている人のそばに行くな!と大声を上げるよりも線を引くことで危険防止。

大人一人に匹敵する活躍ぶりです。


最近は音と線でよりレベルの高い練習法を編み出すことが僕の使命と考えています。
[PR]

by f-table | 2010-04-23 21:12 | スタッフ日記 | Comments(0)

こだわり

先週に引き続き、また雨です・・・。
木曜日の野球にしか参加しない6年生もいるので木曜日の雨は本当に残念です。

水はけの良いグラウンドも毎週確保してありますが、流石に雨が降っていてはどうすることもできません。

今日は室内で1年生は基本的な野球のルールをお勉強。そのあとはサイコロ野球で覚えたルールの確認。
上級生はマサ先生による鬼の室内トレーニング。(厳しいけど人気)
中学年の野球部員は道具の大事さを伝えるべくグローブやバットの手入れを行いました。

我が野球部は感謝の気持をテーマにした合宿などを今までも行ってきましたが、道具に対する感謝の気持は
まだまだ伝えきれていない部分があるのかグローブの手入れをしている子はあまりいません。

グローブは自分なりに形を整え、オイルを塗って皮をやわらかくして、使いながら馴染ませる。
このように時間をかけて自分使用に作り上げていくものです。グローブは時間が経って使えば使うほど愛着が沸いてまさしく野球をやる自分にとってのパートナーになるはずです。

(なのに先輩のグローブやスパイクをよく磨かされたなぁ・・・。確実にそのグローブは私の型になっていたと思いますが・・・)

かつて人気を博したプロ野球選手、新庄剛志さんが現役時代に使用していたグローブは入団したときに7,500円で購入し引退するまでの数十年間使用していたのは有名な話で、引退時「こいつ(グローブ)が限界だと言っている」と話すほど大事にしていたそうです。

その話をしたら、「俺のグローブより安い」だとか「グローブってしゃべるの」だとか・・・
でもグローブの一部分にこだわりを持って手入れする姿を見ていると、子どもながらにみんなそれぞれこだわりの違いがあるなと感じます。グローブのポケット部分(ボールを捕る所)を入念に手入れする子、なぜかグローブ紐ばっかり手入れする子、綺麗に見せたいのかグローブの外側をやたら手入れする子など様々でした。(全部やってね。)

野球に限らず道具にこだわりと感謝の気持ちを持って大事に扱う事は一生懸命に取り組んでいる証拠だと思います。やっぱりそういう人間は上達も早いし、将来社会に出ても良い仕事をすると私は思います。

その気持までは伝わったかどうか分かりませんが、皆のグローブは子ども達のおかげで輝きを取り戻しました。
綺麗になったグローブで野球がしたいという気持ちが、来週こそはお天道様にも届きますように・・・

d0116891_20341450.jpg

[PR]

by f-table | 2010-04-22 20:49 | スタッフ日記 | Comments(0)

悩みと閃き

毎週火曜日はお墓参りの日。今日でお父さんが他界してちょうど100日が経ちました。

墓前で手を合わせるときはいつも悩み事相談です。死してなお問題をもってくるバカ息子のおかげでゆっくり眠ることもできないと怒っているかもしれません(生前は怒られたことがありませんが)。


最近一番の悩みは「こどもの日&フューチャーテーブル」のイベントに何をやるかということ。

去年はマジック。その前は米メジャーリーグの通訳を招いての英語遊び&親子でなわとび。FTオープンの3年前は元読売巨人軍宮本和知さんを招いての講演会。

さぁ今年は何にしよう。ずーっと悩み続けて、やれパントマイマーを呼ぶだの、プロレスの巡業をやってもらうだの、フラワーアレンジメントだの、色々人伝いに試行錯誤しましたが予算が合わなかったり、1年生から6年生までの男女が積極的に参加してくれそうなイベントが思いつかず、気が付いたらFTN(future table news)入稿まであと5日。これはヤバい・・・。


先週、お墓参りするために実家に帰り、(お父さんが寝ていた和室でいつも寝るのですが)いつものように寝て、朝目が覚めると・・・。


「ウォークラリー」


「親子でウォークラリー」


「著名人を呼ぶためにかかる費用を景品に当てよう。バット・グローブ・1輪車」


よし、来た~!!今年一番のすがすがしい目覚め!



台所にいた、お母さんにそのことを話すと

そういえばお父さんが綾瀬市の青少年指導員をやっていた頃(2000年~2008年)よくナイトウォークラリー(夜やるウォークラリー)をやっていたね。

と回答。


正直ウォークラリーのルールは全く知らなかったので、お父さんの形見の箱からウォークラリーの資料を授かりました。お父さんの形見の箱には、その他、凧づくりのマニュアルなど子どもたちと触れ合うための資料がたくさん。



悩みに悩んだこどもの日のイベント、そして閃いたウォークラリー。


初挑戦で粗相もあろうかと思いますが、参加者全員が楽しいと思ってもらえるよう全力で取り組みますので。


どうぞご期待ください。
[PR]

by f-table | 2010-04-21 15:19 | スタッフ日記 | Comments(0)

☆ 生キャラメル ☆

future table人気プログラム

「こどもクッキング」


昨日の中川店
想像以上の参加人数に圧倒される勢いでした。


メニューは☆生キャラメル☆でした。


花畑牧場で有名大人気となったこのお菓子


なんとお手軽にホットプレートでできてしまうんです!


材料もいわゆる腰がひけてしまうものは一切なくご近所のスーパーに必ずあるものばかりです。


気合十分でレシピの説明をするのは美歩先生


d0116891_20572653.jpg



ここで特別にレシピを公開いたします!

昨日のプログラムに参加していた子ども達はメモをとっていますが、参加できなかった「サッカー」や「習い事」に行かれていたお子様もおうちで是非トライしてみてください☆


【生キャラメル材料(12粒分)】
- 牛乳:100cc
- 生クリーム:100cc
- はちみつ:40g
- 砂糖:15g
- バター:40g


【生キャラメル 作り方】

1.ホットプレートを”低温”に設定し、バター以外の材料を全て投入します。

2.沸騰してきたら”保温”に切り替え、5分間混ぜます。
(※この時、焦げ付かないように注意してください!)


3.沸騰する泡にとろみが出てきたらバターを入れるタイミング!
 バターを加えて、バターが溶け切るまで2分間混ぜます。


d0116891_210499.jpg



4.ホットプレートの加熱を止めて冷まします。


5.ラップを敷いた器に移し、冷蔵庫で30分冷やす。



そして完成したのが↓↓↓


ジャーん!!


d0116891_211402.jpg



見事な生キャラメルの完成!


子ども達も口の中でとろける食感に満足してくれたようです☆
[PR]

by f-table | 2010-04-20 21:03 | スタッフ日記 | Comments(0)
line

未来の学童保育 【future table】 の最新情報をお届けします!


by f-table
line
カレンダー